木材・製材・建築業 株式会社竹田木材
tel0763-32-4202
お問合せ | プライバシーポリシー |サイトマップ
富山産木材の家 砺波のローコスト住宅チューリップハウス
商品のご案内
木の家づくり

商品のご案内
木を知る
木材の特徴▲
木のQ&A
木の図鑑
木材選びの基礎知識
木と健康について
木造住宅のすすめ
木と家づくり
施工例
家づくりの流れ
家づくりのQ&A
富山の木で家をつくる会
お役立ちリンク
会社概要
竹田木材HOME
木を知る
木材の特徴 | 木のQ&A | 木の図鑑
有名な木材の特徴
木材(造作用製材)には、3つの基準があります。
その基準は、節(ふし)の量によって決まっており、節のないものほど強度も高く、珍重されています。
区分
基準
無節
上小節
小節
ないこと
直径が20mm以下
長径が20mmを超え、小口の長辺の70%以下
上記の基準がありますが、木に節があるのは当たり前のことなので、節をそのまま生かし仕上げ材として用いるのが、上手な木の生かし方です。
主な木材の産地紹介
国産材
外材
杉、ヒノキ、ヒバ(能登ヒバ)、ケヤキ
米松(ピーラ)、エゾマツ、赤松
ひのきの特徴
色は辺材は淡黄白色、芯材は淡黄褐色〜淡黄紅色である。春秋材の差は不明瞭なことが多い。硬さは中庸で、耐久性は高い。木理は通直で肌目は精、特有の香りと光沢がある。

使用例…柱、梁、桁、土台、家具、建具、浴槽
すぎの特徴
色は辺材は白色、芯材は淡紅色〜濃赤褐色である。春秋材の差は明瞭。硬さは軽軟で、耐久性は普通。木理は通直で肌目は疎、やや香りがある。

使用例…柱、梁、桁、家具、建具装飾用磨き丸太は床柱材など。
割り箸、酒樽、酒器、弥生時代の登呂遺跡でも、杉の柱が使われていた。
あかまつの特徴
色は辺材は黄白色〜淡赤色、芯材は淡赤褐色〜赤褐色である。春秋材の差は明瞭。硬さはやや軽軟で、耐久性は普通。木理は通直で肌目は疎、樹脂分があり、かすかに芳香がある。

使用例…柱、梁、桁、下地材、造作材、土木材料など。
からまつの特徴
色は辺材は白色〜黄白色、芯材は黄褐色〜赤褐色である。春秋材の差は明瞭。硬さはやや重硬で、耐久性は普通。木理は通直で肌目は疎、樹脂分があり、かすかに芳香がある。

使用例…柱、梁、桁、土台、土木用材、線路の枕木など。
えぞまつの特徴
色は辺材は白色、芯材は淡赤褐色であるが、芯・辺材の区別は明瞭ではない。春秋材の差は明瞭。硬さはやや軽軟で、耐久性はやや落ちる。木理は通直で肌目はやや蜜、樹脂分がある。

使用例…下地材
ページのトップ
株式会社 竹田木材
〒939-1315 富山県砺波市太田470 tel:0763-32-4202 fax:0763-33-4729
copyright